建設事業部ブログARCHITECTURE BLOG

注文住宅や建売住宅の建築の事など
建設事業部のスタッフが定期的に配信しております

マッケンジーハウスならではの、こだわりの家造りの秘密や日々の建設事業部の仕事内容や建物の細かい仕様など、建設に関する様々な内容を更新して参ります。

2021.11.18
カテゴリー

最近の住宅は和室がない住宅が多いですが、畳の敷き方にはルールがあります。


一般の住宅に畳を敷く場合、「畳の合わせ目が十字にならないようにする」というルールがあります。

そのためには、それぞれの畳の四隅が1カ所に集まらないよう、配置を工夫する必要があります。


今回は特に4畳半の畳の敷き方のについて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

4畳半の畳の敷き方

4畳半(1間半×1間半)の畳の敷き方です。


鬼門半畳は避ける。


4畳半のように半畳の畳を使用する場合には、その位置が重要です。

半畳の配置場所は、鬼が出入りする方角といわれる「鬼門(北東)」を避ける必要があります。

家の間取りを決めるときなどにも、鬼門を考慮した配置をするよう気を配りましょう。



4畳半で左回りに畳を敷くと「切腹の間」に

4畳半の半畳を中央に敷く方法もありますが、こちらも敷き方に注意が必要です。



半畳の畳を中央に、他の畳を左回り(卍型)に配置する敷き方は、「切腹の間」と呼ばれます。

これはかつて、武士が切腹する際に用いられた畳の敷き方です。


事が終わった後、真ん中の半畳を取り換えることでスムーズに事後処理ができるため、

この敷き方が採用されていたといわれていますが、現在では非常に縁起が悪い敷き方として避けられています。

なお、畳を右回りに配置すると「茶室」の敷き方になります。


畳を敷く際には、さまざまなルールに則って敷く必要があります。

しかし、難しく考える必要はなく、「合わせ目を十字にしない」、「不吉な敷き方を避ける」など、

基本的なポイントを押さえて行えば問題はありません。

  • 毎日更新のマッケンジーブログ!
  • 注目の建築現場実況ブログ!
無料会員限定物件の閲覧には会員登録が必要です。

一般公開物件数775

会員限定物件数1,190