建築現場実況ブログCONSTRUCTION BLOG

実際の建築現場から現場監督がプロの目線で
建物の建築状況など随時更新しております

家は、どうやって造られて行くんだろう?そんな疑問もこの建築現場実況ブログを見れば一目瞭然です!
ご購入者の方は、我が家の建築状況もしっかり把握していだけます。

南足柄市K.M様

着々と内部工事を進めています。 前回から進んだ具体的な内容としては以下の4点です。 ・天井、壁面への石膏ボードの張り付け ・キッチンにカウンターの取り付け ・ユニットバスの取り付け ・階段の施工 浴室の淡いピンクが際立っていて可愛らしいですね。 階段部分についても手摺、笠木も合わせて綺麗に仕上がっています。 次回はキッチンを取り付けていきます。 ……

MORE

松田町K.D様

スラブ部分と立上り部分の配筋工事を行いました。 たくさん配置してある小さなブロックは「スペンサーブロック」と呼ばれるものでスラブの配筋の高さを均一にするために用いられます。 配筋工事が終わると検査を行い、コンクリートを流し込んでいきます。 ……

MORE

伊勢原市S.T様

本日は上棟~合板の施工までの様子をご紹介いたします。 上棟とは何なのかということを簡単に説明いたしますと、木材を組んでいく工程のことで一番高いところの木材である「棟」を組むまでのことをいいます。 今回は片流れ屋根なので南側の一番上の部分に棟がきます。 上棟後はまず屋根の下地材である「野地板」を施工し、防水シートを敷いていきます。 もう少し作業が進むとこの上から屋根材……

MORE

小田原市K.T様

キッチンの施工が完了し、クロス施工前の様子です。 こちらのお宅はロフトもあるのでどのように仕上がるのか楽しみですね。 今のところ味気ない感じがしますがクロスを施工することで一気に雰囲気が変わっていくと思います。 ……

MORE

小田原市I.H様

内部の施工を順調に進めています。 断熱材や階段の施工をが完了し、この後は石膏ボードや建具の施工を行っていきます。 柱や梁だけですと中々内部のイメージが湧かないですが段々イメージがし易くなってきましたね。 ……

MORE

開成町M.Y様

現在、内部では石膏ボードや建具の取り付けを行っています。 標準的にドアの高さは2m、クローゼットの高さは2m30cmのものを使用しています。 床から天井までの高さが2m40cmなのでこれくらいの高さが丁度良いサイズとなっています。 いざ住宅を購入する際には具体的な広さや寸法を意識することも大切になってきます。 ……

MORE

伊勢原市U.T様

基礎が完成したので土台の取り付けと床材の施工を行っていきます。 まず基礎の上に土台と大引と呼ばれる木材を乗せます。 基礎の上に直接乗っている方が土台で、「束」と呼ばれる足のようなものの上になっているのが大引です。 この上に合板を張っていき、最後に接着剤や釘で床材を施工していきます。 ……

MORE

平塚市S.A様

外部では合板の上から透湿防水シートを施工しました。 合板だけでは水に対する耐性が弱いのでシートを貼り、その上からサイディングを施工していきます。 内部では木工事を進めています。 壁から出ているチューブ状のものは換気のためのもので、この下にキッチンの換気扇が来ます。 この後は外部では外壁の施工を、内部では断熱材の施工を行っていきます。 ……

MORE

茅ヶ崎市K.S様

外部ではサイディングの施工がほとんど終わり、足場の解体が目前です。 どのような仕上がりになっているのか楽しみですね。 内部ではユニットバスの設置が完了しました。 正面にグレーのアクセントを持ってきていてカッコイイ仕上がりになっています。 また、こちらの物件では2階に2か所ロフトを設けていて便利な空間になっています。 高さを1.4メートルとってあるので色……

MORE

平塚市S.M様

S.M様邸の基礎完成~上棟までの様子をご紹介いたします。 基礎が完成し、配管工事を行いました。 管の位置から左(北)側に洗面所や浴室等の水回りが来ることが予想できますね。 続いて基礎の上に土台を取り付けていきます。 その際に基礎と土台の間にパッキンを挟み、20ミリの隙間を確保することで床下全面換気を可能にしています。 床下の風通しをよくすることで木材の腐食……

MORE

  • 毎日更新のマッケンジーブログ!
  • 必見の建設事業部ブログ!
無料会員限定物件の閲覧には会員登録が必要です。

一般公開物件数1,094

会員限定物件数4,705