建設事業部ブログARCHITECTURE BLOG

注文住宅や建売住宅の建築の事など
建設事業部のスタッフが定期的に配信しております

マッケンジーハウスならではの、こだわりの家造りの秘密や日々の建設事業部の仕事内容や建物の細かい仕様など、建設に関する様々な内容を更新して参ります。

ギャンブレル屋根とマンサード屋根

2021.05.29
カテゴリー

皆さんお元気ですか?

このごろは、梅雨の影響か湿度が高い日も多くなり、

体がバテやすい季節になりました。


さて、

話は変わりますが、

本日は5月29日。

今から67年前の今日、1954(昭和29)年5月29日に、

オランダ・オーステルベークにあるビルダーバーグホテルにて、第1回ビルダーバーグ会議が開催されたました。


ビルダーバーグ会議とは、

1954年から毎年1回、世界的影響力を持つ人物や企業、機関の代表が130-150人ほどが集まり、

世界の重要問題や今後の主に政治経済や社会等を主なテーマに完全非公開で討議する秘密会議。

参加者があまりにも世界的影響力のある有力者や著名人ばかりなので、

影の世界政府」「世界の行く末を決める会議」とも言われている。

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


そのような会議を、世界の有力者や著名人達は年一回やってるんだーと思いつつ、

第1回会議会場の「ビルダーバーグホテル」の外観が気になったので、

画像をインターネットで検索してみました。

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


建物は、小屋裏利用4階建て、

急勾配の切妻屋根で出来ていて、

屋根の途中に各部屋用の「ドーマー屋根」、

玄関正面の屋根が、

屋根の途中で折れ曲がっている「ギャンブレル屋根」になっているのが特徴の、

「いかにもオランダ」というような建物でした。(個人の感想)


ちなみに、

「ドーマー屋根」とは、建築用語だと、ハト小屋とか言われています。

又、

「ギャンブレル屋根」とは、建築用語だと、腰折れ屋根とか言われています。

腰折れ屋根には、もう一つ「マンサード屋根」というものもあり、

切妻屋根の途中が折れているものが「ギャンブレル屋根」、

寄棟屋根の途中が折れているものが「マンサード屋根」、

になります。


昨今のコロナ禍では、

なかなか海外にいけませんが、コロナ禍が収束したなら行ってみたいホテルでした。


  • 毎日更新のマッケンジーブログ!
  • 注目の建築現場実況ブログ!
無料会員限定物件の閲覧には会員登録が必要です。

一般公開物件数908

会員限定物件数1,417