建設事業部ブログARCHITECTURE BLOG

注文住宅や建売住宅の建築の事など
建設事業部のスタッフが定期的に配信しております

マッケンジーハウスならではの、こだわりの家造りの秘密や日々の建設事業部の仕事内容や建物の細かい仕様など、建設に関する様々な内容を更新して参ります。

古い日本建築における デザインの名脇役たち

2019.08.24
カテゴリー

古い建物を見学すると、最近の建物ではあまり見かけなくなったものを見つけることが出来ます。

写真は、その一つで釘隠し(くぎかくし)という金物です。

夏休みに旅行した鹿児島県にある ‘仙巌園’ という 薩摩藩のお殿様 島津家の別邸で見つけました!


本来は、和室の長押(なげし)などに打ち付けられた太い釘を隠すために用いられていましたが、後に装飾として取り付けられるようになったものです。


部屋の用途、格式などによってデザインが様々ですが、‘仙巌園’には鹿児島ならではの変わり種の釘隠しがあります。


例えばこれは 【コウモリ】のモチーフです。

鹿児島ではコウモリを福を呼ぶ神の使いとして大切にしていたため、縁起の良い象徴として使用しています。


またこちらは鹿児島の特産野菜【桜島大根】です!

野菜の釘隠しは珍しい存在で、しかも素材は当地特産の高級陶器 ‘白薩摩’ です。


豊臣秀吉の朝鮮出兵時に藩主・島津義弘が朝鮮から陶工を招致し薩摩での陶器作りを始め、

高級品の白薩摩は藩主専用の焼き物として珍重されました。


日本人は昔から、動植物などの特徴を捉え、デフォルメするデザイン力にたけていた民族だったことが良くわかります。


皆さんも、古い建物を見る機会があれば、ぜひ探して見てくださいね!

  • 毎日更新のマッケンジーブログ!
  • 注目の建築現場実況ブログ!
無料会員限定物件の閲覧には会員登録が必要です。

一般公開物件数1,622

会員限定物件数5,819